出会いを見つけるメールの仕方と婚活パーティーの注意点

中高年出会いを探すのであれば、出会い系サイトや、その中の不倫サイトを使うのがよいというのは、こちらの記事に書きました。そこでこの記事では、実践編として、出会えるメールの作成方法と、婚活パーティーでの注意点をご紹介したいと思います。

まずはメールの仕方からですね。内容については、とにかく丁寧な言葉遣い、接し方を心がければOKです。挨拶、何を見てメールをしたのか、その女性のどこを魅力に思ったか、簡単な自己紹介、どのような関係を求めているか、これらの事柄を敬語を使って書き、「よければお返事ください」の一言で締めくくりましょう。

このときは当然ですが敬語を使ってください。中高年ともなれば、普段から年下の人間に接する機会も多いと思います。人によっては何か説教をしたりもするかもしれません。でもそういうキャラクターは、出会いを探すうえではなんの役にも立ちません。いきなりタメ口をきかれたら、なんだこいつ偉そうにと思うでしょう。自分の後輩や部下に接するときと同じ態度では、出会いを見つけることはできません。低姿勢で、物腰柔らかく接することです。それができないのならば、出会いは諦めましょう。

さて、それでは具体的にどのようなことを書けばよいのか、もうすこし詳しく見ていきます。まずは何を見てメールをしたかという部分です。出会い系サイトで女性にアプローチをするときには、ほぼ確実に、掲示板かプロフィール検索を経由します。その女性の書き込みを見て、あるいはプロフィールを見て、この人にアプローチをしてみようと思い、メールを送るわけですから、それをそのまま書きましょう。

次に、その女性の書き込みやプロフィールのどこに魅力を感じたのか、これを具体的に書きます。あなたはその女性の何かが気になったから、メールを送ろうとしたわけですよね。その理由を書けばよいのです。ただし、見た目のことを言うのは慎んだほうがベターです。なぜなら、見た目がよかったからというのは、体目当てな気がして気持ち悪いからです。

もちろん見た目を褒めるのは悪いことではありませんが、それを主立った理由とするのではなく、なんでもいいので、その女性のどこが気になったのか、見た目以外の何かを見つけてください。それは嘘でも構いません。書き込みを見て、自分と同じような境遇にあったからとか、プロフィールを見たら趣味が同じだとわかったのでとか、なんでもいいので理由をでっちあげてください。そうすることで、見た目だけでなく、その女性の人間性に惹かれたというのをアピールすることができます。ここには中高年特有の余裕、ゆとりといったものが滲み出ていますから、女性受けがよいでしょう。

次に自己紹介ですが、これはあまり長くなりすぎないように。なんの仕事をしていて、休日は何をしている、くらいの内容で構いません。あとはプロフィールに書いてあるわけですから、そこで詳しく話す必要はないのです。その次に、どのような関係を求めているかを書きますが、これはセックスのことには言及しないようにしてください。たとえセックスフレンドを探しているのでも、そうと書いてはいけません。その他、いきなり恋愛のことを話題にするとか、すぐにでも会いたいと告げるとか、そういったこともダメです。なぜなら、それに返信すると勝手に恋人にされてしまったり、会うことが決まったと勘違いされてしまったりするかもしれないからです。

まずはメールから始めましょうとか、楽しくお話できる人とか、そのように当たり障りのないことを書いておいてください。もう子供ではないのですし、出会い系サイト経由で会って男女として付き合うとなれば、やることはもう決まっています。あえてセックスや恋愛のことについて言うのは野暮というものです。

婚活パーティーでの注意点

大手出会い系サイトでは、サイト内だけでなく、婚活、お見合いパーティーなどで出会いを探すこともできます。そこに参加するときの注意点は、まず当然のマナーとして清潔感のある格好をしていくこと、そして積極的に女性に話しかけていくことです。あまりがっつくのはいけませんが、お見合いパーティーなどでは必ず、参加した男女が一対一で話す機会が設けられます。そのときに受身ではあまり印象に残りません。自分から積極的に話しかけて、その女性とのおしゃべりを楽しんでください。

ただし、自分のことばかり語るのではいけません。その女性に質問をして、話を広げるくらいがいちばん良いでしょう。口下手であっても、一所懸命会話をしようとしているのが伝われば、好印象を与えることができます。それともうひとつ、お見合いパーティーには色々な種類があって、内容によっては参加者の年齢が10代、20代ということもあります。ですから、自分が参加しても浮くことのなさそうなパーティーを選びましょう。

中高年の方々は、出会い系サイトには馴染みがないかもしれません。けれども、出会いを探すとなれば、現状出会い系サイトが最も効率的なのです。食わず嫌いせずに、ぜひ登録していただきたいですね。出会い系サイトについてはこちらの記事に詳しく書きましたので、そちらをご覧ください。