超おすすめ!女性を口説くときに返事をもらいやすいメールとは?

出会アプリでセフレを探すときに重要なのは、いかにメールに「返事をもらうか」ということです。彼女がメールを返してくれないことには話は進みませんし、出会うことも不可能。彼女にどんなメールを送るのか、その1通目で運命が決まるといってよいのです。同じ女性に振られてしまえば、もう二度とその人と会うチャンスはないと考えて、1通1通心をこめてメールを作成しましょう。

とはいえ、そのメールにどんなことを書けばよいのかわからない、という男性も多いでしょう。この記事では、あくまで目安ではありますが、メールにどんなことを書くべきか、どうすれば返事をもらいやすいのか、その指針を示したいと思います。

メールを送るときの注意点

それにはまず注意点を述べておかなければなりません。以下にまとめましたので、まずはこれらのことをしっかりと覚えてください。

敬語で話す

出会い系にはノリのよい女性もたくさんいますけれども、メールをするときには、いきなりタメ口をきくのではなく、最初は敬語で話すことを心がけましょう。かったるいと思われるかもしれませんが、これは重要なことです。フランクに接することにもメリットはあるでしょうが、それを「失礼だ」と感じる女性もいます。敬語で話しかければ、多少お堅い印象を与えるところはあるかもしれませんが、失礼だ、こんなやつとはメールしたくないと思われることはないでしょう。

どんな相手でも、最初は礼儀正しく接して、彼女がタメ口で接してくるような女性であれば、それに少しずつ言葉遣いをあわせていけばよいのです。

特に年上の女性にメールをするときには、失礼のないように気をつけてください。女性であれ男性であれ、年下になれなれしく話しかけられると腹が立つという人は多いでしょうからね。自分の周りにそういう人がいなくとも、「世間にはそういう人もいる」ということを覚えておきましょう。

エッチなことは言わない

これはプロフィールを設定する際にも気をつけるべきことですが、エッチがしたいとかセフレが欲しいとか、そういうことは言わないようにしましょう。それは何故かというと、気持ち悪いからです。それに、そういうことを言っている男性は、セックスができれば誰でもいいと考えているように見えるからです。

女性はその男性を満足させるための道具ではないので、ただ体を貸してほしいと言うだけの男は相手にしません。たとえセフレを探しているのでも、メールにそのことを書くのは控えてください。

注文をつけない

それともうひとつ、これも若い男性には比較的多いと思われますが、相手に注文をつけるようなことはしないでください。たとえば「プロフ写真とは別の写真見せてー」とか、「○日の○時に○○で待ち合わせできない?」とか。

出会い系では、男性は頭を下げる立場にあります。写真を見せろなどと面倒なことを要求してくる男性はまずモテないでしょうし、待ち合わせの日時や場所を指定してくる男も、女性にしてみれば自分のことしか考えていないように思われて、印象はよろしくありません。

その女性の言いなりになれとは言いませんけれども、女性はあなたのことが気に食わないと思えば、簡単に別の相手を見つけられるのです。気に食わないな、と思われる危険性のあることは口にしないようにしてください。待ち合わせの場所や日時を決めるときには、まず相手の都合や希望を訊くようにしましょう。

返信率を上げるには?

さて、以上の注意点を覚えていただいたら、いざ女性にメールを送ってみます。構成としては、以下のようになります。挨拶、自己紹介、メールした経緯と動機、望む関係、挨拶。このように書くのがいちばんやりやすいですし、返信率も高いと思います。挨拶をするのは当然として、自己紹介ですが、これはプロフィールを見てもらえばわかることなので、簡単なもので構いません。「都内で○○の仕事をしている者です」といった感じですね。

次にメールした経緯については、プロフィールを見てメールしたのか、それとも掲示板を見てメールしたのか、その女性を知った経緯を書いてください。

次にメールをした動機ですが、これはその女性のプロフィールや、掲示板の書き込みをしっかりと読んで、「どこが気になってメールしたのか」というのを具体的に書いてください。少々難しいかもしれませんが、ここは最も重要な部分です。気になった理由を明確にすることで、誰でもいいわけではないというアピールにもなります。相手との共通点を探すといったやり方で考えると書きやすいかもしれません。それはもちろん嘘でいいですから、考えてみてください。

望む関係というのは、その人とどうなりたいかという部分ですが、ここは「とりあえず話してみませんか?」とか「仲良くなったら飲みにでも行きたいです」とか、そんな感じに書いておきましょう。くれぐれもセフレになりたいなどとは書かないように。たとえ相手がセフレ目当てでも、そう掲示板に書いていたとしても、やることは決まっているのですから、あえてセックスのことを言う必要はありません。

そして最後に、また挨拶をします。「よければお返事ください。よろしくお願いします」と書いておきましょう。