中高年でも出会いを探せる?出会い系サイトについての知識いろいろ

中高年といわれる年齢になっても、異性への興味は変わらないものです。たとえ結婚していたとしても、昔の頃のような恋愛がしたいとか、熱いセックスがしたいとか、そのように思うものだと思います。自身の年齢からして、そういった出会いを諦めてしまう方も多いかもしれませんが、実は、中高年でも出会いを探している人というのはたくさんいるんですね。ですから、もしあなたが、出会いが欲しいと思っているのなら、ためらわずに最初の一歩を踏み出すべきですね。

ではどのようにして出会いを探していけばよいのか。それには出会い系サイトを使うのがいちばんです。出会い系サイトというのは、文字通り出会いを提供するWebサイトのことです。その内容は、SNSとそんなに変わりません。日記をつけることができたり、それにコメントを残すことができたり、つぶやくことができたり、あるいはある女性とメッセージのやりとりをしたり、自分の好みに一致する人をインターネット検索と同じ要領でピックアップしたり、サイト内の掲示板でいま出会いを求めている人を募集したりすることができます。

そこに登録している時点で、何かしらの出会いは求めているわけですから、たとえば出会いとは関係のないサイトで女性に声をかけたり、ナンパをしたりするよりは遥かに効率が良いといえるでしょう。出会い目的でない女性にまで声をかけてしまうことがありませんからね。

それでは、出会い系サイトとはいったいどのように使うものなのか。次の項でもうすこし詳しく、見ていきたいと思います。

ネット上に存在する出会い系サイトの使い方ノウハウ

出会い系サイトを利用するには、まずサイトに登録しなければなりません。登録の仕方は、2通りあります。まずひとつが、ツイッターGoogle+のアカウントを用いて登録をすること。そしてもうひとつが、メールアドレスと、プロフィールの基本項目を自分で埋めて登録する方法です。

前者はサイトによってできる場合とできない場合とがあるので、出会い系サイトに登録するときには主にメールアドレス、プロフィールの基本情報を自分で入力することになります。いちばん多いのは、登録専用のメールアドレスに空メールを送る方法ですね。そうすると、仮登録完了メールというものが届きますから、そうしたらそのメールの本文にあるURLをクリックします。

ジャンプした先でプロフィール情報を入力したあと、それを確定し、すると本登録完了メールが届きますので、その本文のURLをクリックしてください。そうすればサイトへの登録が正式に完了し、コンテンツを利用することができるようになります。登録を済ませたら、次に年齢認証をしてください。やり方は、クレジット情報を入力するか、身分証明書を写真に撮って送るかのどちらかとなります。出会い系サイトはアダルトコンテンツに含まれますから、18歳以上の証明をしなければならないんですね。動画サイトなどとは違って、出会いを提供する場所であるだけに、管理も厳しいのです。

身分証明書を写真で送る場合には、必要最低限の部分が写っていれば充分ですので、詳しくは各サイトの年齢認証ページをご確認ください。これを済ませていないと、サイト内で誰かと連絡先を交換することができません。連絡先を交換しなくとも出会えることには出会えますが、出会い系サイト経由の出会いは、やはりアドレスなりラインのIDなりを交換してからというのが基本になりますので、できれば早めに済ませておきたいですね。

さて、登録が完了しましたら、出会いを探していくことになります。主な方法は、掲示板とプロフィール検索ですね。掲示板は、そこに書き込みをしたり、書き込みをしている人に連絡を入れたりして使うものです。ただし、男性が書き込みをしても、メールを貰えることは少ないので、男性は基本的には、女性の書き込みを見て、メールをすることになります。その女性がどんな目的でサイトを利用し、どのような男性を求めているのか。それが書いてありますので、自分でも行けそうだと思ったらメールを送ってください。

次に、プロフィール検索ですね。これは先ほども触れましたが、条件を設定して、それに合致する女性をピックアップできる機能です。フリーワードを設定することもできますし、写真の有無や、年齢、住んでいる地域などの条件を定め、検索することも可能です。自分の好みから相手を探したいときに役立つのが、このプロフィール検索です。

ただデメリットもあります。それはプロフィール検索で結果に表示された女性が、いま現在出会いを求めているとは限らないことです。もうすでに良い人を見つけてしまって、登録はしているものの、サイトを使うことがめっきりなくなっている、そういった女性もいますので、もし見られるのであれば、その人の最終ログイン日も見てください。最近ログインしている人にメールを送ったほうが、出会える確率も高いです。

あまり会員の多くない、盛り上がっていないサイトですと、最終ログイン日が一ヶ月前といった人もざらにいます。そのような人にメールを送ってもほぼ無意味です。今すぐにでも出会いが欲しいというのなら、先ほど紹介した掲示板を使うのがよいでしょう。最近、書き込みをした人は、いま出会いを求めていることが確定するわけですから、もしうまくいけば、メールを始めてすぐに会うといったことにもなるかもしれません。

しかしその女性のルックスや指定する日時に文句をつけられないというデメリットもあります。掲示板に書き込みをしている女性の中に、ぜんぜん好みの人がいないという場合もあるんですね。それはもう仕方のないことなので、割り切るしかありません。新しい書き込みがあるまで、プロフィール検索で相手を探しつつ、待つしかないですね。

その他、日記機能やツイート機能などが付帯している出会い系サイトもあります。そういったものを使って、とにかく自分という人間が異性の目につくようにすると、出会いの確率も上がってきます。日記を更新すれば、新着の日記のところにあなたが表示されるでしょう。つぶやきも、新しいものが専用のページに「最近のつぶやき」といったように上に表示されるようになっています。

それを経由して、女性があなたのプロフィールを見てくれるということも少なくないでしょうから、なるべく多く更新するのが吉です。具体的な頻度としては、2、3日に1回、日記を更新するくらいで構いません。書くことが思い浮かばないときは、その状態で書いてもそんなに面白い内容にはならないので、無理しなくて結構です。何か日常生活のなかで、おもしろいもの、楽しいことを見つけたら、それをネタにとっておいて、先ほど言ったようなペースで、日記にしていきましょう。つぶやきについては、気づいたときにすればそれで充分です。

料金はピンキリ!?利用したいサイトの料金体系をチェック

では、出会い系サイトを利用するにはどのくらいのお金がかかるのでしょうか。中高年の出会いということで、ネットでのちょっとした遊びに尻込みするほどお金に困っている人もいないと思いますが、一応申し上げておきますと、優良サイトであれば3000円もあればかなり長いこと遊べます。

メールを読むのは無料、送るのに1通あたり50円から60円程度かかるというのが相場で、プロフィールの詳細を見たり、掲示板に書き込んだり、そういったメール以外のことにかかるお金は、1回あたり10円から20円程度です。それほど高くないですよね。ただし、出会い系サイトの料金は多くの場合ポイント制といって、どれだけのお金を使うかはその個人が決めることとなります。これだけ払えば出会いが確約されるということはありませんし、これだけのお金を払うとサイトが使い放題になるといったこともありません。5万円使っても10万円使っても、ひとつも出会いを得られないということはあるのです。

そのように投資額が膨れ上がってしまうのは、誰でもいいからと見境なく女性にメールを送ってしまうからです。そうならないために、メールを送るか否か、自分でも相手にしてもらえるかどうかといった判断には慎重に下さなければいけません。必ずその女性のプロフィールを見て、自分がその人にとって魅力的な男であるかどうか、そこまで行かなくとも、仲良くできそうな部分はあるかどうかを見るようにしてください。

ポイントは、その人との間に何か共通点があるかどうかです。趣味が同じとか、昔やっていたスポーツが同じとか、なんでもいいので、共通点を探してください。そこから話が弾んで、仲良くなり、出会いに発展するということも少なくありませんからね。

最重要課題と言ってもいいサイト選びについて考える

以上のことは、もし優良出会い系サイトに登録したら、という仮定の話です。あなたの登録したサイトが、いわゆる悪質サイトであれば、出会いを探すことはできませんし、実在する女性とおしゃべりをすることすら不可能です。悪質サイトは、サクラというものを使って、男性にポイントすなわちお金を使わせます。

サクラというのは、その出会い系サイトに雇われたアルバイトのメールスタッフです。人を雇わずに、パソコンを使って男性にメールを自動送信することもあります。スタッフが女のふりをして、あるいはパソコンに事前に組み込んでおいたメール文を用いて、男性が持っているポイントを消費させようとするんですね。サクラとメールをしても絶対に会えることはありませんから、それはほとんど詐欺に近いことだといえます。会うことをにおわせて金を毟り取るわけですからね。このサクラに騙されないためには、サクラの特徴を覚えることも大切ですが、何よりも、優良出会い系サイトに登録すること。これがいちばんの予防策です。

最近、中高年をターゲットにした出会い系サイトも増えてきています。婚活サイトのようなものもあれば、30代以上の人でないと登録できないサイトなんかもあります。ただ、その中には悪質サイトが無数に潜んでいることを忘れてはなりません。それに引っかかってしまうと、無駄な金を払い、時間さえ無駄にすることになります。では、優良サイトとはどういったところか。先ほど、出会い系サイトの料金のことについて言いましたが、前述したような料金体系になっているサイトは、まず優良の類とみて間違いないでしょう。悪質サイトは、メールを読むのにも、送るのにも100円、200円かかるのが普通であり、メールアドレスの交換も3000円など有料とされていることがほとんどです。

優良出会い系サイトでは、アドレスの交換は無料ですから、登録前にこれを確認するだけでも、悪質サイトへの登録は避けられます。サイトの利用規約及び料金体系を確認して、料金制度について把握してから登録するようにしてください。それと合わせて見ておきたいのが、そのサイトに同時登録があるか否かということです。同時登録というのは、そのひとつのサイトに登録するだけで、他の出会い系サイトにも勝手に自動的に登録されるという、悪質サイトに特有のシステムです。完全無料を謳っているサイトであっても、この同時登録によって勝手に有料サイトに登録される場合もあります。最初からそれを狙って「完全無料」と言っているわけですね。

料金と、同時登録、このふたつを確認して問題がなければ、そのサイトは優良サイトと見てほぼ間違いないと思います。

合わせて読んでおきたい記事→http://xn--m-57t4bva2tnj2ktb5380c3vxh.net/

「完全無料」という謳い文句は信用できるのか?

中高年の出会いというふうに色々なサイトを調べていくと、完全無料を謳った出会い系サイトをいくつか発見することができます。ターゲットを絞っていて、普通の出会い系サイトとは違うだけに、なんだかそういうものがあっても不思議ではないような気もしますが、実際は、完全無料で出会い系サイトを成立させるのは難しいと思います。なぜなら、女性にとってのメリットがないからです。純然たる完全無料出会い系サイトは、どうして運営していけるのかというと、他サイトの広告を行っているからです。その広告収入によって運営しているので、男性も女性も無料であるわけですね。

しかし、女性はそもそも、どんな出会い系サイトを使っても無料なのです。会員が集まりにくいので、どのサイトも、女性は無料ですよと宣伝して、なんとか女性会員を集めようとする。男性が払うお金は、それらのサイトが出会いを探すための舞台を整えてくれたことに対する謝礼、手間賃といったところでしょうか。出会いに困るのは男性であって、女性ではありませんからね。

男性が女友達をセックスに誘うのと、女性が男友達を誘うのとでは、承諾してもらえる確率はかなり違ってきます。その構図はおそらく中高年になってもそう大きくは変わってこないでしょう。そのため、出会い系サイトは女性は無料とされています。有料サイトは、広告収入だけでなく、男性からお金を集めてサイトを運営しているわけですから、資金は潤沢で、サイトのデザインは美しく、機能は使いやすくて、出会い系サイトの料金ごときにケチケチしない男性が揃っている。

対して完全無料の出会い系サイトはどうでしょうか。登録してみればわかりますが、そこら中卑猥な広告ばかりで、目がちかちかします。サイト整備が進んでいるわけでもなく、デザインも有料サイトに比べればそれほど手間がかかっているとはいえませんし、機能もそれほど充実してはいない。たとえば、有料サイトなら目的別に用意されている掲示板が、ひとつかふたつくらいしかない。日記もなければツイート機能もない。

このように、サイトの中身でいえば、完全無料の出会い系サイトというのは、有料出会い系サイトに完全に劣ってしまっているのです。もともとどのサイトを使っても女性は無料であるわけですから、完全無料を謳うサイトに登録する意味はないですね。だって有料サイトに行ったほうが色々なもののクオリティが高いのですから。

つまり完全無料などと言っているサイトのほとんどは、先ほど言ったような、同時登録に男性を引っ掛けるための餌でしかないわけです。みなさんも、そういう甘い言葉には騙されないようにしてくださいね。最初から有料サイトに登録したほうが身のためです。

中には婚活パーティを主催するサイトもあります

出会い系サイトの中でも、特に中高年の出会いに力を入れているサイトは、自ら婚活パーティや、中高年の出会いの場を提供するお見合いパーティを開催しています。それだけの資金力がある大手のサイト、あるいは結婚相談所などと協賛しているサイトに限られますが、サイト内でメールをやりとりする以外の方法で、出会いを見つけることができる場合もあるのです。

そのような婚活パーティを開催しているかどうかは、多くの場合、登録する前に確認することができます。そのパーティのレポート記事が載っていることもありますので、あれば読んでみるとよいでしょう。パーティに参加するとき、基本的には、サイトの利用料金とは別に料金をとられることになります。男女ともに有料という場合もあれば、女性だけ無料という場合もありますね。いずれにせよ、男性の負担額のほうが大きいことは変わりのない事実であります。

これらのパーティに参加するメリットは、そこに来ている女性らは間違いなく、なんらかの出会いを強く求めているということですね。たとえば、サイトに登録してなんとなく出会いを探しているだけの女性と、そういったパーティに参加する女性とでは、気合の入り方がまったく違います。素敵な人を見つけたら絶対に放すまいとするでしょう。それだけ、もし気に入られることができれば、個人的に付き合うようにもなれる、その可能性の高い女性と知り合えるのが、婚活、お見合いパーティのメリットであるといえます。

時には、その主催者側が、サクラを立てることもあるかもしれません。女性の参加者が集まらなかったときに、やむおえずといった形で。でもそのようなケースはごく稀でありますし、パーティをしますよと呼びかけを行えば、必ず、それに参加したいという女性は出てくるものです。サクラについてはあまり気にしなくてもよいでしょう。

ただし、デメリットもあります。それは、このようなパーティでは、外面的なことが主な選考基準とされることです。ひとりの女性とゆっくりと話し込むということは難しいので、たとえばルックスであるとか、職種や年収、学歴や離婚歴など、そういったところが重視され、あなたの内面の良さをアピールする機会はほとんどないでしょう。サイト内でメールをするときには、ゆっくりのんびりと会話をしていく中で、その人の良さを少しずつ見つけていくということもあるでしょう。しかしパーティには制限時間があり、そこまで深く相手のことを見ることはできないのです。

女性のほうも、できれば内面的にも優しくて魅力ある人と付き合いたいでしょうが、いかんせん正しい判断を下すだけの時間が用意されていないので、先ほど例に挙げたような外面的な事柄でその人を判断するしかないわけですね。したがって、たとえばあなたが、自分のルックスに自信がないのであったり、年収の面であまり自慢はできないのであったりする場合には、パーティには不向きといえるかもしれません。

サイトでゆっくりとメールをする中で、自分の良いところをアピールしたほうが、出会いに繋げられるという人もいるんですね。このパーティを活用しないと出会えないというわけではありませんので、安心してください。それに、この手のパーティ、特に婚活寄りのものでは、主催者側にプロフィールを提出しなければならず、もしあなたに離婚歴があるのなら、そのことも書かなければいけません。そしてそれが参加者プロフィールとして、パーティ参加者に見られるように設定されるのです。

あまり気持ちのよいことととはいえませんし、結婚相手を探すうえで、自分を知ってもらう前に、いきなり離婚経験のあることが相手に伝わってしまうのは、やはりどうしても不利です。あまり人に言いたくないこと、伝えることで不利になる恐れのあることを隠せない、ここもパーティのデメリットといえます。

主催者側は、それを乗り越えられるだけの相手を、なんていうでしょう。しかしそんなもんは綺麗事です。そんな短いパーティの間に、離婚の背景にあった事情や葛藤を完全に理解できる人間なんていません。その離婚にどれだけ悩み、苦しんだのであっても、相手にそれを理解してもらうだけの時間はないのです。スタート地点が「え、この人離婚したことあるんだ」になってしまうのは、どうやっても不利です。パーティに参加するかどうかはもちろん自由ですが、自分がそれに向いているのかどうか、一度考えてみてもよさそうですね。

以上、中高年出会い、出会い系サイトについて見てきました。あなたも素敵な恋人、セックスフレンドを見つけてくださいね。